小さなバストのお悩みなんとかしたいですね


日本人はバストが小さめで悩む人が圧倒的に多いようですね。外国の人々と比べ日本人に豊かなバストの人が少ないのはもしかしたら食べ物の違いなのかもしれません。昨今ますます低カロリー食がもてはやされ、若い人を中心にそのようなあまり栄養がないものを好んで口にしていることから、これからもバストの悩みが尽きない女性が減らないでしょう。豊かなバストを望みながら同時に太りたくないスリムになりたいという矛盾した欲求を持つ日本人女性。この望みを同時に叶えることは出来るのでしょうか。

バストは変化が見えやすい

まず、ダイエットで食事制限を続けている女性はバストのハリが失われるスピードが速いことをお伝えしておきます。痩せたい願望が強いのにバストアップも叶えるのははっきり言って無理。試しによく食べてよく眠る生活を2週間続けてみるとバストにハリが出ているのが分かると思います。その反対に2週間厳しい食事制限をして睡眠時間も不十分という生活をするとバストがしぼんだようになっているのが分かるはず。バストは特に変化が現れやすいところなので1ヶ月2ヶ月生活スタイルを変えなくても2週間もあれば変化が見て取れます。

バストが喜ぶ食べ物を

本気でバストアップしたい豊かなバストになりたいのであればよく食べてよく眠れば良いのですね。その時の注意点としてジャンクフードを食べないもしくは少量に抑えること。育乳するならカラダに良い物を選んで食べるのが基本中の基本。一汁一菜にタンパク質の元になる大豆食品や魚・肉など取り入れましょう。大豆食品は豆腐や油揚げ納豆豆乳など種類が多いので手軽に食べられますね。魚はチンするだけでできたてを味わえるものが人気です。骨を取り除いてあるものもあるのでめんどくさがりな人はそういうものを選ぶと良いでしょう。肉は焼くだけなので失敗が少ないですが赤身が多い部位を選ぶことが大事です。

食生活改善の次は・・・

栄養豊かな食べ物をちゃんと食べてバストが成長できる下地作りが出来たら、次はストレスのない生活を目指しましょう。小さなバストを豊かにしたい女性にはバストアップクリームや育乳ブラはあまり必要ないです。バストが垂れていれば必要かもしれませんが、日頃ブラをつける必要性を感じられないくらいならストレスを減らすことを考えてみましょう。ブラをつけなくても変な言い方ですが、バストが自立している女性に必要なのはモノではないんです。小さなストレスくらいはあって普通ですが大きなストレスは痩せ形の女性にとってカラダの負担が大きいです。その負担を取り除きガチガチになった肩から力が抜けるとバスト周りの血液循環が改善してバストの成長が早まります。この変化は若い頃だけの話しではなく、中高年になってからも細胞は毎日生まれ変わりカラダは骨から常に生まれ変わってるので、年齢を言い訳にしないでストレスを減らしカラダに優しい生活を心がけてみましょう。バストの嬉しい変化を実感できると思います。

全般

Posted by admin